ブログトップ

歯みがき前

oneume.exblog.jp

しめじ2号は今

…ウチの除雪車ね。
f0022755_16152146.jpg
やっぱり使い回し


 今年の冬はじめに永い眠りから目覚めいざ出番!!!と意気込んでいた矢先

不具合その1
・自走不能(笑
 会社につくと他の社員さんから「動かなくなった」のざっくり報告。
 「愛が足りないんじゃない?」といいながらしめじ2号の元へ。

 症状:エンジンはかかっているし回転も上がるけど動かない。ていうかブレーキペダル戻ってこない(笑

 この子は(というかこの手の重機は?)作業中に回転上げる事ができるよう、ブレーキを踏みこむと駆動が切れる仕様。整備書もへったくれも無いので見た感じブレーキペダルから繋がってるリンクがリリーフバルブ的なものを開いているような。知らんけど。
 で、そのリンクが戻らないから動けないと。

 まるで固定砲台(作業は可能)

 何故戻らないかというと、、、ありました残骸が。
 結果:バネが錆びて弾けた

 ならば簡単。
 バネをどこからか調達してきて代用すりゃいいのです。
 とはいっても丁度いい長さと反力の縮めるがわバネがそうそう転がってもいないので、、、

 不動車で「もったいないから」と投げずにおいてある他人のモトコンポ(バイクね)のメインスタンドからもいできました。そっと。ちゃんとしたの手に入ったら戻すから。
 とはいえサイズも何もかも違うのでタイラップで強引につなぐ。
 うむ。強化ブレーキ(踏力が)になったな。

 ですが作動に問題なく、無事完成。
 治りました。


不具合その2
 ・今度はエンジン止まる
 後日、また会社行ったら「また止まった」とざっくり報告受ける。

 これが大変だった。。。
 症状:エンジンかかるんだけど少しすると止まる。アクセルあけてもやる気なくす感じで止まる。

 幸か不幸かディーゼルなしめじ2号。点火系って事は除外できるので(これは幸。但し噴射ポンプとかいったら高価になるので不幸)吸気系か燃料系。

 吸気系ってのは余程でない限り大丈夫だということで(一応フィルターは清掃したけど)、、、水溜まってるか燃料フィルターが錆びで詰まったということに。
 ので、まずはフィルター外して清掃。乗用車のオイルフィルターみたいな構造で清掃もどれほど効果あるかわからないけどとりあえず。

 うむ。多少だけどへんな物体が出てきたので何ぼかよくなったであろう。
 と、出てくるってことは元も絶たないと意味ないので燃料をタンクのドレンっぽいところから排出。

…ジョロロ…
徐々に徐々にボルトを抜いて、(極力)手にかからないように最後は一気に、、、ふん!

どっぷっあぁぁぁ!!!
大型動物の小便並みのとんでもない放出!受け皿まるで意味なし!!焦ってボルト戻そうと思った手も腕も軽油まみれ!!!

気を取り直して、配達してくる水の容器をカッターで切った大型受け皿を用意して抜けた軽油を確認。
f0022755_1654311.jpg
ナニコレ
とヘドロ状の何か、錆び汁が出てきました。

 こりゃいかんということで、なぜか持ってるファイバースコープ(安物)を突っ込んで中を確認。
…あまり見えんな(笑

 が、タンク内がぼちぼち錆びてるってことで、とりあえず新品の軽油を入れては投げ、入れては投げして洗浄。はじめは全部抜けないので残っているタンク底の燃料と混ざって出てくるので、上から入れてしたから出てくる数秒の間に色変わってでてきます。
 都度回収して内容物をみてると、細かい錆びの他に大型の錆び片が混じっていてこれが詰まらせるんだろう的な。


 いい加減色も変わらず、謎の物体も出なくなったところで栓を閉めて再起動。

結果:燃料詰まり
 ふむ。いい吹け上がりだ。

 が、これもあったでしょうが、また止まったとの報告。

症状:やっぱり途中でやる気なくして止まる。

 まだ水が残ってるのかと燃料を排出。
 謎の物体はほとんど出ませんが、まだ幾分錆び片が残っている模様。水もある。

結果:はじめは沈んでいるんだけど、作業などで動いていると舞い上がって吸い込まれて詰まってグー(?

 燃料フィルターを頼んで届いたのは、たしかにフィルターらしいんだけどなんかパルセーションダンパーみたいな形したもの。頼りないというか明らかに形が違うんでモヤモヤ。
 しょうがないのでインターネットで頼んでみようと…ないんだねこっち系。

 持ってきたフィルターを繋げるときも燃料ラインを切り離して途中にかましているだけなので、要は何でもいいのか。と思い立ったので、どうせならとゴージャスな一品を。
 ドイツ製のフィルターで、下にタンクがついていて水も分離&排出ができてしまう優れもの!!
 ちなみにhttp://item.rakuten.co.jp/chi-hiro/c/0000000101/です。(売れても別にウメに何かあるわけではないです。してウメが買ったのもココ。探したらたまたま出てきたからって理由です(笑

 届いたのをみたr…デカっ!!(笑

 買う前にサイズ確認しろって話です。
 が、強引に取り付けて、ていうかもう純正のフィルターステー外すぐらい強引につけてます。みんなの友タイラップで(マテ

 いいんだよ通り道なだけだし。機能は最高なんだから。

 排出時緩める上部プラグからエア抜きもできて(使い方として違うかもしれないけど)一石三鳥ぐらいきたか!?
 意気揚々と再起動。
 当然かかる。かかるのは前からかかる。

結果:水?

 が、やっぱり止まるとざっくり…少しは状況とか症状を…


 今度は詰まってもなさそうだし、回ってる軽油もきれい(大型フィルターの下のタンクで確認簡単)なんだから、、、まさかの噴射ポンプ!?
 とも思ったけれども、最初普通にかかるし、アイドリングもするんだよなぁ。。。

 と自分でも乗ってる最中に急にアクセル開度と回転が合わなくなったと思ったらそのまま停止。
 エンジン再起動!

 ブブブ…クスン。

 ちょっと待って、再起動!!

 Blooooom!!(海外風)

 あり?普通にかかるなぁ、、、

 クスン

 まてーーぃ!(笑


結果:燃料ポンプ
 なんとか邪魔にならない定位置まで移動させたところでヤレヤレとエンジンルーム覗き込む。
 !?もしかしてこれが燃料ポンプ??

 知らんかったけど、負圧式電磁ポンプなようです。

 とりあえず、男の子としてはばらしてみましょう。そうしましょう。
 タンクの中に沈んでて送り出してるタイプだったらお手上げでしたが(面倒だから)、これならさっくり外してバラバラにできます(喜

 ばらせるところまでばらしてみたところ、錆びが少々出てるのか吸い込んだものが引っ付いたのかわかりませんが多少汚れてる程度。
 足元に転がってる別の予備バッテリーに直結させましたらしっかりペコペコ作動します。
 とりあえず清掃して、この手は負圧が命でしょうから変なところからエア吸わないようにダイヤフラムやOリングなどを慎重に組んで元通りに。

 車体に戻して、燃料ラインを繋がないでキーON
ペコペコペコペコ…ペコリンペコペコペコペコ

!?むぁてーぃ!!!いまペコリンって言っただろ…じゃなかった、なんだその間わ!

 アクセル開度やらなんやら車両の状態で作動を制御してるような感じでは無く、ONかOFFかでしかないはずなのでそれはおかしい。
 バッテリーもまだ寿命じゃないし、補充電して元気いっぱいなはず。(セルも元気に回るしね)

 かと思いきや、もう一度やってみると途切れることなくペコペコ。
 むぅ。。。

 一先ず燃料を送ってエンジンかけてみる。
 普通にかかる。

 しばしそのまま放置。

 軽快に仕事をこなしながら時折様子を見に行ってみると、、、きました息苦しそうなアイドリング!!
 開けっ放しのエンジンルームに駆け寄って耳をすましてポンプの音を…エンジン音で聞こえんわ(笑

 のでおもむろにアクセルがばっと開けてみると、、当然のように止まる。
 でその状態のまま耳をすませば…カントリーローこのみーちー…じゃなく、ポンプが作動してませんな。

結果:これが最大の原因だった!?燃料ポンプへの電力不足。

 ハーネスがやられてるんだろう。コネクタかどっかの中が錆び錆びかもね。
 探すのは大変なので、、、

 会社に転がってるスイッチを拾ってきて、バッテリー直結。
 燃料ポンプだけ別回路にするという心躍る仕様に。

 エンジンをかける前に燃料ポンプスイッチを入れる余計な作業が増えるわけですが、それがまた楽しい(変
 終わった後も、そのスイッチ切らないとバッテリーがいつかあがるというのもたまらない(?

 つけた場所とスイッチの形状のせいで、意図しない時に足で切ってしまうのがたまに傷。むしろイケズ(?



 結局、あのデカいフィルターはいらなかったんじゃ無かったのかとか思ったら負けです。
 皆様も是非!!?
[PR]
by umeboshi-no-ume | 2013-01-01 18:07 | 自動車関係
<< 年賀状 さすがに今日は休み >>