ブログトップ

歯みがき前

oneume.exblog.jp

2007HSP最速王座決定戦~第5戦~本戦編つづき

f0022755_2134967.jpg

この穴が激戦を物語る(と思って)



「ぅひぃ!!啓さんから今度は暗黒の波動を感じるっ!!…み、見れない見れない」


 少し時間を戻して説明しましょう。


 予選でギリッギリ2番手のタイムで、ポジション的には絶好といっても良いところをGETしたHCCダイスEG6とウメ。
 ツーリングNAクラスBグループの決勝が終わり、いよいよ出番。ピットロードにグリッド順で並ぶとの事でパドックから移動しようとしたその時、、、

 気合十分!いざっエンジンスタート!!!

……テヘ。メイン電源OFFのままでした^^;

 改めまして、イグニッションおーん!!!

……あり??

 ぞわわっ  やべ。。。

 バッテリーあがりましたけど~~残nはぅあ!何だこの局部的な雷雲わっ!う、後ろに何か鬼の気配を感じます。。。

 見ないようにしてメカさんに「はぅはぅ」と訴えて助けてもらう。

 うむ。かたじけない(威張るな

 実は予選後にファンのスイッチを入れたままエンジンを止め、さらにメイン電源を切ってなかったもんだから当然この有様になってしまったとさ。
 ゴメンなさい皆様。
 Diceサポート様は勿論、込んだパドックで2番手が出てこないから待たされた皆様にも。


 無事、なんとバッテリーチャージャーまで用意済みだったメカ様に助けられコースへ入り、ゆっくり、でも、せめて少しでもタイヤを温めながら一周してスターティンググリッドへ。

「あぁなんて見晴らしの良い!まっすぐ進めばいいだけなんて最高じゃないの!」

 そこに[エンジンストップ]のボード。

 は?

 [エンジンストップ]
 DJさんのなにやらカッコイイグリッド紹介の声なんてまるで耳に入りません。

 えぇっと、、、それはつまり、エンジンを切る訳ですよね?
 今さっきあがったバッテリーさんに酷っちゅーもんですよね?

 [エンジンストップ]
 急激に目眩が…今ここで切ったらかかるか…ぃゃしかし、、、ぅーむ。。。
 とりあえずファンOFF。
 1周してるからまぁ多少は充電されたと思うけど。
 大丈夫。信じれば叶う!そう!なんていったって素人目に見てもちょっと古くなったバッテリーだけどDiceさんでメンテナンスされていた車だもの!


 しばしの静寂


 [エンジンスタート]
 かも~~~ん!!
 バォン!
 ヴァォーーン!!!

 いょしっ!

「かからなかったらピットスタートね(はぁと」なんて脅されていたからもう。。。イケズぅ

 さてさて、数々のハードルを乗り越えて(作ったのは自分だけど)、いよいよ決勝のスタート。
 レッドシグナルが消えたらスタートだよな…
 とりあえず計器チェック。
 油圧異常無し!
 油温メーター無し!
 水温異常なし!
 燃料!不明(笑)!!
 コンディションきっとオールグリーン!!!

 (赤)
 !!ぬっ!!!
 適度な回転のまま、クラッチが繋がる直前で足を固定。
 スタートと同時にミートさせてアクセル全k…ブツブツ…

 やはりこの場面のキメゼリフは「ウメいっきま~s
 (消)
 ありゃ?
 え?ええぇぇぇ!!!!!!


 前略 中村啓様。スタートミスりました。もう殺してください。 早々


「むき=!何なの!今のタイミング!(逆ギレ」
 2コーナーまでに一気に4位に沈むオレンジ色の閃光(笑
 タイヤが冷えているからとか、相手の出方がどーのなんて言ってられません。
 最初からオラ汁全開でポジションを上げに行かないと、、、
「ぅひぃ!!啓さんから今度は暗黒の波動を感じるっ!!…み、見れない見れない」
 DJ様もしかして失敗した事放送して無いですよね。。。

 あーんもぅ!なんてBlogの更新にもってこいな事してしまったのでしょう!

 とか、言ってる場合じゃ無いよね本当に。
 このままじゃ今日の夜どんな仕打ちが待っているか(笑

 そうこうしていると、ダンゴが分れ始める。
 現在1位の44号車さんは軽快に差を広げ独走開始。あぁ楽させてしまいました。。。
 こりゃ巻き返せない。

 2~5位の団体にて自称奮戦中ウメ。
 予選のタイムでいけば0.5秒内の4台でバトルです。
 燃えない訳無いでしょう奥さん!!
 ワンミスで即順位下がるお尻に汗溜まる接戦!

 注)以下記憶違いがある場合があります。笑って許して下さい。
1周目:
 2位#31
 3位#34
 4位#40ウメ
 5位#48
 #48DC2はすぐ後ろ。前の#34をプッシュプッシュしながらも隙を作らないようにっ

 でも1コーナーは怖いのでちょっと退く(笑
 だってもし仮に前でスピンしたら当っちゃうよ。あの速度。避けれませんからっ
 言い訳はいいとして、
「おっ!#34さん2コーナーアンダーきた~!」
 3コーナーインから加速して裏直立ち上がりで横に並ばせて貰い加速勝負!

「直線でのアドバンテージはあるからそこは楽だよね」あぁ、ありがとう啓さん。ありがとうEG6
…はて?
……抜ききれませんが??
 アドバンテージありませんやん!!楽できね~~!!!

 続くS字を多少無理して前に出たものの、当然変な突っ込み方になり思うように加速できず。
 ぅう、テールtoノーズ。ぷプレッシャーがっ
「なんてね~」
 この辺は塾で団長によるCLコースの悪夢ですっかり慣れております(笑
 かも~ん!

 と、意気込んだ直後

 ヒョコっ

 んが!?
 まんまと最終コーナー(?)でインに頭を入れられるウメ。
f0022755_231432.jpgココね。

 ていうか、何コーナーか解ってない奴が走ってます(獏


 ファ×ク!!
 コース慣れしてないとこれだからっ
 このラインはタイムは出るけどインがら空きでござった!
 流石に見逃してくれませんよねっ

 んで、焦ってここから締めると双方危険。
 くぅぅここは退こう。

 し か し

 譲る訳では無いのだよブライト君!
 そのまま外を押さえたまま立ち上がり、加速させない(はぁと
※自分も出来ません(笑

 ハングググっの我慢の全開でストレートに戻ってくる2台。
 つづく1コーナーは左。まっすぐ走ればウメはイン側。
 でもさらにその先、2~3は右右。無理してもダメっすよ。うん。怖いし。

2周目:
 2位#31
 3位#34
 4位#40ウメ
 5位#48
 変わらず…
 ストレートは後ろについて、でも1コーナーイン側に居るわよとアピールしながら突っ込みを抑えることに(効いたかは不明)
 焦らない焦らない。。。スピンしたら一発でサヨウナラですもの。後ろにもピッタリだし(獏


 ぬっ!2コーナーまたきた~!
 相変わらず3コーナーインベタで立ち上がり直線加速勝負!!!
 もう、これっきゃ無いです今日は。。。

 今度はS字進入を美しく決めtぐぅぉ!!!ケツが出たっっ
 暴れるHCCダイスEG6!
 アクセルどーーーん!!
 ドカッっと物凄い反動のステア(ノンパワステです)を力ずくで押さえ込めて何とかラインに留まる。

「今度はインあげないよ~」とほざく余裕など無いですが、ここは押さえ何とか2番手でストレートへ!と共に#31射程圏内ロックオーン!
 …でも後ろピッタリね…

3周目:
 2位#31
 3位#40ウメ
 4位#34
 5位#48

 イケイケイケイケイケ!!いっけ==!!!
 でも1コーナーはスミマセン。。駄目です全開なんて。
 ここへ来て後続が少し離れてしまう。
「そうか温存してウメがへばったところで美味しくいただく作戦かっ」
※きっと2台でのバトルで忙しくてウメにかまってられなかったんだと…
「よーしよし」バトルで酷使したせいでタイヤの発熱が早くなり、なんか今が旬な感じ。
 でもここで過剰に突っ込んでちょっとでもロスしたらすぐにまた嵐に巻き込まれてしまう。

 イケイケドンドンって、今にして思えば「決勝のとき」だったよな…予選でやっちゃった。
 まぁいいさ!
 何故ならば!!
 #31さんの排気ガス直撃距離だから=!!
 ウメ的最終コーナー(さっきのね)を立ち上がり、自称スリップストリームで、、、
 あら!?お速い。。。と、届かない~~

 そう、これからまた数週に続くバトルの予感を感じた矢先

バフォ

 #31さんスローダウーン!!!と実況の声が聞えてきそうでした。
 突然大量の白煙と共に失速してしまう#31さん。。。
 すっとラインを譲ってくれた後ろ姿は忘れません。美しい最期でした(殺すな

 これで棚ボタ万歳ウメが2番手に浮上。

 !!んな油断してる場合じゃない
 後ろにはすぐ来てい…来てない…
 何があったのかはわかりませんが、結構距離があるような。
 勿論スピンなどしてる程の余裕ではございませんので気は抜けませんけども。



 ぐーる、ぐーる、ぐーる。。。


 あぁ平穏な日々です。
 前は遥か彼方。後ろもそのまま安全圏です。
 ウメ的最終コーナーからS字の方を見ると土煙やら白煙やらが(笑
「おーおー荒れとる荒れとる」
 ウフ。ちょっと余裕できちゃった。
 あれ!?#48DC2さんが#34EK4さんをかわしてるっ
 ちょ、ちょっとまって、ペース上げるから(遅)、追いついてこないで~~

 焦ると必ずやる。
 ウメはそういう奴さ。

 裏直から減速4→3→4(笑
 パ~~~~ン!パーン!ぼぉぉぉ…

 はぃぃぃい?
 恥ずかしくて気を失いそうになりました。。。
 焦ってシフト入れ直しをすると回りそうだったので、S字を4速ホールドで、、、
「あぁ、この音アナタに届きませんように」※ばれてました
 LAP表を見ると見事に48秒台が1周(笑
 バ、バトル中でなくてよカッパ。


 これで少し差は縮まりましたが、Diceさんが出してくれているボードの残りLAP数を確認するととりあえず何も無ければ安泰かな~
 でも決して余裕では無いのです。

 最後の5LAPがやけに長く感じられる…
 あ、自分今息が上がってる…気がつかなかった…
 にしもブレーキタッチも効きも最初っから全く変わって無いような…流石です!

 おっ!?

 なんとここにきて1位を走る#44さんのテールが見えてくる。
※というか#44さんがペース落としてたようにしか思えませんが

 追いつけたりして~マテコラー(何故
 ですが時既に遅く、届かない~あ~~!


 [チェッカー]


「お、終わる」
 勝った負けた嬉しい悔しいよりも、無事走り終えた事への安堵が最初にきました。
 この2日間の事が走馬灯のように浮かんでは消え…イケない!逝ってしまいそうだ!
 気を取り直して、実はすぐ後ろに来ててありがたく無いネタになっちゃったりしない事を確認しつつ減速しつつストレートを通過~
 パッシング!パッシング!パッシング!!
 ありがとう!みんなありがとう~の意味を込めてオラオラオラオラオラ!!
…えぇっと、自分で確認出来ないんですが、ハイビーム使えてますよね?この車…

 ま、まぁ、ピカピカさせていたと思う!うん!

 チェッカー後の周回は恒例「ポストの方へ敬礼!」
 シャキーン!シャキーン!…う、もしかして見えて無い…かも…

 ま、まぁ、あれだ、気持ちだからこういうのは!


 そして裏ストレートをゆっくり右側走行。
 あぁ!!啓さん達が手を振ってくれている~~!!!
 ヤヴァイ。
 泣 き そ う だ


 パドックへ戻り、ベルトを外すと頭の中にアルマゲドンのテーマが(笑
 車から降りると目の前に啓さん。

 握手を求められてるっ
 あわわ!きょ恐縮です!(本当にな
 この時改めて嬉しさがこみ上げてきましたっ

 今回サポートしてくれた啓さんはじめDiceの皆様は勿論、コースのスタッフの方々、一緒に走った方々にもありがとう!
 やっぱりレースって決して一人で走ってるんじゃ無いんだと強く実感した1戦でした。

 #40 HCCダイスEG6 スプリントツーリングNAクラス 2位

 おわる。


~感動の握手直後~
「じゃ、片付けて」
「ぁ、ぇ、は、はい!…あ、あの~表彰台ってどうなるんですかね…」
「ん、(他の人に)頼んどいたから」

「スタートちゃんとしてれば、もっと面白い展開あったかもね(ニャリ」
「…う、返す言葉もございません…」

 この後すぐに帯広に向け出発するべく光速撤収を繰り広げる1団の会話より。

 
[PR]
by umeboshi-no-ume | 2007-10-16 00:58 | 自動車関係
<< 2007TIS走り収め 2007HSP最速王座決定戦~... >>