ブログトップ

歯みがき前

oneume.exblog.jp

ユーロカップ&ワールドカップ第2戦

f0022755_21111180.jpg

 はい帰ってきました~!
 TISで今年から始まった「ユーロカップ&ワールドカップ第2戦」!

 結果。

 轟沈(笑


 いやね、リアルタイム更新で前の記事に書いた「エンジンチェックランプ」と、やっぱりおかしい「出力問題」で、第1回につづき、、、

 Jr:1分微妙に切りが限界。
 CM:初めてと同じ1'47後半(笑

 という結果に。
 CMコースは3回目の走行はすっかりやる気を無くし(というか無理して大破させても帰れなくなるので)写真撮影だけしてました^^;


 結果だけでいけば確かにどーしよーもないものでしたが、はじめっからウチの子の調整イベントと勝手に使わせて貰ってますのでいいのです。
 経過も楽しめましたし、何より色々な方とお会いして笑って話す時間がヨロシ。

 んで、その経過も少々。

 前日エンジンチェックランプが点灯するというのはお伝えしたとおり。
 その第一報は当然その点灯時点で入れております。
「エンジンチェックランプ点いたよ~」
「一度再起動してみましょうか」
「ん。」

 ちなみに走行中

 おもむろにキーをONの位置からACCへ、すぐさまONへ戻す(STARTにしたらセル傷つけるよ)

 消灯。

 しばらくして再点灯。ダメだこりゃ。

 んで前回記事の日高での事、
「ダイアグ診断したいのですが、設備ありますか?」
「ネーヨ(笑」

 設備といっても針金のようなものがあればOKなのですが、、、無いでしょ車の中には。
 たまに間違って落ちてる事はあるけど、、、

 てな事で、気になってしょうがなくなったらコンピュータ再起動という事で、そのまま帯広へ。
 「パティスリーありがとう」のオーナーパティシェさんに以前教えてもらった帯広市内の洗車場で、フロントにつく無数の亡骸を吹き飛ばす。
「…!!キモス(笑」
 入るときは気がつかなかったけど、そこの看板に蛾っちゃんびっしり。
 しかも皆さん随分とふくよかで…

 地面にも結構いらっしゃったので、残り時間の高圧水で帰りとおる道を開けさせる。



 本番日。

 走行1本目。
 Eg灯点灯!
 いゃしかし全開にしないと見えない問題もある!とか言い訳しながら数周。

 遅…

 やっぱり伸びないのです。
 おっかしぃなぁ…


 Jrコースパドックだと電波が届かない我が携帯(しっかりしてSOFTBANK!)な為、調子の報告の為だけにCMパドックへ。
 ついでにTISさんからゼムクリップを失敬し(ちゃんと了解もらってですよ)ダイアグ診断も。

 ピカピカピカピカんんピカピカんんんん…

 4・2。

「ですって」
「スピード信号ですね。他には出てませんか?」
「………出てないです。それだけ」
「じゃぁひとまずは問題なさそうです。ノッキングもしてませんよね」
「ん。してません。好調そのものです。おっせーけどね」


 警告灯はそんな訳で大事に至らず一安心。
 で、前回と同じ「遅い」という問題。

「う~ん。リミッター解除してみましょう。以前お伝えしたとおりつなぎ治してみて下さい」
「それで過給かかりすぎてフュエルカットが入ればOKって事ですよね?」
「そうです。カットが入らないという事はそこまで過給上がって無いので…」
「SC治ってねーぞと言う事ですよね(笑」
「笑」

 2本目。

 やはり全開で初めてわかるこの不具合!と開き直りながら全開。
 …カット入りませんな…

 再びCMパドックへ。
「と言う事で入りませんが、その前に一つ質問」
「…」
「バイパスバルブに刺さるべきっぽいラインが大気開放してますがいかがなもんでしょう(笑」
「ぇ。」
 S/Cの上に乗っかる感じの場所にあるUFOみたいな奴です。デンソー製。
「2箇所口ある内の下側に刺さってませんでしたか?」
「え?2箇所…アーハイハイ!1箇所は下向きに曲がってる奴で、もう1箇所は下側のですよね?どっちも刺さってませんよ。何も無い空間に向かってパイプがプラプラしてました」
「下側の方に繋いで下さい」
「ん。って、スポスポ抜けますケド…」
「圧力かかったときか何かの拍子で抜けたのかもしれません。タイラップで縛ってもらえm」
「ネーヨ(笑」

 再びTISさんから今度はタイラップを調達して固定。ぅ熱っ!熱いっつの!

 Jrラスト3本目

 まずは、、、リミッターかけた状態で…変らないか…
 2周ぐらいでピットイン。作業スペースに横付けしてリミッター解除。コースイン。

 これでいかがっ!!

 ブーーーーガクン↓ブーーーー
「かかった!フュエルカット入りました~!」
 良い事じゃないのに何故か嬉しいお年頃。
 すぐチェッカーだったのでそのまま終了。


「5000回転で見事カット入りました」
「とりあえず過給はしてるみたいですね^^」
「おっせーけどね。次大きい方のコースなので、元に戻して次はスピードリミッター解除のテストしてみます。また電話しまーす」


 んで、長いインターバルの後CMコース1本目。

「ぐぅ。遅い。。。ブレーキ余らしてしまった。。。」

 アウトラップ終わりメインストレート!
 日本で2番目を誇る1kmの直線っ!!
 フ××ク!?

 ウチの子の今、ストレートエンド160km/h(メーター読み)
 スピードリミッターあっても変らないじゃん(笑


 で、結局前回の記録を2秒更新するも1'47と。

 むぅ。
 ウチの子のテストイベントなのはいいけど、AE101GT-Zの悪評になりそうで怖い。。。
 もう少し速いですから=




 んでよ。

 ここで物語は急展開!

 帰りにネッツさんに報告がてらよりまして、あーでもないこーでもない話した後、ついでにキーコラ鳴る鈴虫リアブレーキローターを見てもらいましたら…


 左リアのブレーキキャリパー固着してるでねーの。

 リフトアップして指で回してみると、、、重。
 右リアはクルクル回せる(ていうかそれが普通)のに、この左わ。

 Jrでリアが流れるのがやたら速かったのは、路面温度の高さもあったのだけど、これもあったのかっ


 つーかですね。

 どー考えても、スピード伸びませんよね。

 サイドブレーキ引いたまま走ってたようなもんですから。
 3速ぐらいまでならそれでも引っ張れますけど、4・5速では速度伸びなくて当然…


 もしかして(しなくても) これ元凶!?


 エンジンOHというビックイベント直後で誰も疑っていなかった場所がっっ 
 お盆明けキャリパーOHで全ては明らかに!!

 まて続報!

f0022755_22465976.jpg

 いつになったら普通に走れるのかしら…
[PR]
by umeboshi-no-ume | 2008-08-10 22:53 | 自動車関係
<< 最近イライラしたこと トラボゥ! >>