ブログトップ

歯みがき前

oneume.exblog.jp

例の法

f0022755_22234710.jpg世界遺産登録で一段と混んでそうな知床のどっかにあったゴジラ岩。…うん、、、まぁ、、、見えるっちゃ見えるか。むしろ男岩でいいじゃ無いかと強く思うけど。


 画像とは何も関係無いですが、

 PSE:P及びSはProduct Safety、EはElectrical Appliance & Materials の略
[経済産業省の該当ページ
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm
より]
 なんだそうです。
 で、認定された電化製品にはPSEマークというものが付くのですが、これがなんのヒネリもないマーク。

 ◇の中にPSE & 〇の中にPSE

 それはいいんですが、4月からマークの無い電化製品のうち猶予5年のもの(あと7年と10年あり)が販売できなくなり中古品販売のお店はパニックになってましたよね最近まで。

 が、見事世論パワーに負けてかどうかは知りませんがこうなりました↓
http://www.meti.go.jp/press/20060314004/pse-set.pdf
 (PDFファイル同省お知らせより)

 ビンテージの楽器が別枠で対策されているというのは、余程非難轟々だったのか、某有名作曲家さんの力が絶大なのか。



 マニアックな素朴な疑問。
・〇PSE(さほど危なくない方)
 可撓電線管(カトウデンセンカン)は、(自分的)有名どころでいくと三桂のプリカチューブの事でしょう?ビニル被覆がある防水型は良いとして、もろアルミの蛇腹な一般型は何処にマークつけるのか。
 しかも切り売りすることを考えれば1m毎にマーク付いてなきゃいけないんだろうか。
 それとも最初の梱包についてるシール一箇所に明記してればOK?

・◇PSE(結構危険な方)
 104 電動式おもちや 5年 アレも入るんでしょうか?(何が言いたい
[PR]
by umeboshi-no-ume | 2006-03-14 23:04 | 日記
<< 2011年問題 たった半年で >>