ブログトップ

歯みがき前

oneume.exblog.jp

姑息にウチの子2のつづき

f0022755_21511156.jpg

 ホンの少しだけ時間を戻そう。
 HSPR第2戦の数日前のことである。

…ぇぃゃ!

スポン!!

 これが全ての始まりだった。

 マーキングをしないでカムポジションセンサーを外すウメ。
 何がしたかったのかを思い出せば「点火タイミングを合わせたかった」

 で、なんで外すのかウメ

 多分・恐らくという言葉がこの場合適当になる。
「ぇ~、だってぇカム角センサー自体の調子も見たかったからぁ」だったような気がする。

 それであっても、シックネスゲージでセンサーの隙間計るだけなんだから抜かんでよろしい。
※蓋を止めている2本のボルトを抜くと中身見れます


 さぁ困った困った(?

 やんわり、ドキドキしながら整備書を元に、挿入してみてキーを捻る。
「んきゅ!キューン…」

 と悲しげな音を出して起動失敗。

 恐ろしく進角しているようである(笑

 ていうかそれもそのはずクランクがそもそも合ってなかった(笑
 

 抜いた状態でそのまま戻せば多少ズレはしてもかかったハズ。
 が、悲しいかな、セルを回してしまった今、

 何もかもが合っていない状態に陥っている

 ヤヴァイ。
 どのぐらいヤヴァイかというと、おっきいのした後に水が流れない故障トイレだった事に気づいたくらいヤヴァイ。
「やっちまったもんはしょうが無いが帰るに帰れない」それだ。

 幸いケツ拭く紙はあったとみえて(?)助けは呼ぶことが可能な状態。
 だけど目の前の湖底には未知の生物がジッとこちらを見ている。未知とか言ったが今さっきまで自分の中にいたものだっけ。
 まぁいい。ていうか話が逸れている事に気がつくのが遅れた。むしろ盛り上がりそうだった(笑

 じゃなくて、ウチの子だ。


 何回か捻ってみても何もおきなかったから、もう少し大胆に進角させてみようってだけの作業のはずが、ジャッキアップ(右フロントだけ)して、アンダーパネル外してクランク手動で回して1番圧縮上死点あわせた上でカムポジションセンサーを付け直すという大作業に発展。

 …いや作業自体はそう「大」でもないのだけど、仕事の後帰り際にチョットのつもりではじめたので既に夜8時とか…

 かなり泣きそうだったが、なおさなきゃ家に帰れないのだ。

 純正には有りそうな気がするが、社外クランクプーリーなウチの子なので上死点マークが無かったりする。
 ということで、いまどの辺かもわからない…

 もうここまで来たらトコトントントンであります。

 インタークーラーを外し、プラグコードと1番のプラグを抜いて…
 間に合わせですが、太さ・長さと丁度良かった「ラチェットのエクステンション」をシリンダーにつき立てる。

 エクステンションを水平に睨みながら、クランクプーリーをゆっくり回して…上がりきったところからピクッと下がったところを見つけてそこを上死点とすることに。
 オイルフィラーキャップを外してイン側のカムの印を確認。うむ。合ってる。
 ミリ単位でのチューニングとしては大雑把ですが、家に帰る為だけでいえば十分な精度(笑

 で、カム角センサーを戻す訳ですが、、、

 整備書のとおり、マークを合わせて挿入すると、いれた途端にずれる。
 何度やってもずれる。
 堪忍袋の緒も切れる。

「ん゛に゛ゃ~~」

 ぃゃまて、その為にセンサーの調整範囲があるのでは無いのかと、挿した後に捻ってm…調整幅が足りない。

 何かが間違っているのだろうと何度もトライしているウチに良い感じで収まった!!

 サクサク仮留めで付け直し、イグニッションオーン!

「ぶるぉ~ん!…プス」
 アイドリングしない。。。

 ていうか上死点あわせなおしかコノヤロウ(笑


 業を煮やした(?)ウメはついにヘルプを求める事に。
 ウチの子の主治医にホットライン
「もしもーし。カム角センサー外したらエンジンかかんなくなっちゃった。テヘ」


 そこで流石と思えるアドバイスをいただく。

「一度かかるまでグリグリ回して合わせてから、センサーとの関係を覚えて正規の位置で付け直すといいですよ」
「えー、でも範囲限られてますよ~」

『固定ボルトつけなければ範囲は無くなりますよ』

 そうなのだ。
 発送した荷物の遅延、、、じゃなかった、発想の転換。押してだめなら引いてミホだったのだ。
 早く帰りたい一心で基本を忘れとった。

 しかも、これから向かうのでそれ試してみて待ってて下さいとの事。あんたネモウスや。

 と決まれば、ボルトをシコっと抜いてグリグリ。
 おお、回る回る。進角50度も夢ではない(笑

 遊んでいるところでネッツさんが到着したらソバットくらいそうなので、とりあえずエンジンが始動→アイドリングするポイントに合わせて待つ事に。
 キュキュ!
 グキュ。キューン…これじゃ進角しまくりなのね。。。

 キュキュ!ブロン!ブロロロオロオロ…
 かかる、けど、弱々しい、、、もう少し進角。

 キュキュ!ブルォォォン!ゥオオオオオオ
 よし来た!アイドリングも(チョット回転高いけど)落ち着いてるねっ



 ここで一服。
 うむ、一仕事終えた後の一本はまた格別じゃ。


つづく(何故か
[PR]
by umeboshi-no-ume | 2010-07-13 22:55 | 自動車関係
<< 姑息にウチの子3 711な昼ご飯 >>