ブログトップ

歯みがき前

oneume.exblog.jp

姑息にウチの子3

f0022755_20325651.jpg

 まだやってます。

 え?結局前回のはどうなったって??

 そのあとNet'zさんが来てくれて、うまい具合に押し込んでくれて終了~とみせかけて。

 折角大雑把だけど上死点もあわせたので、そこから点火タイミング調整(笑
 なんだか妙に遅かった気がしたのでこの際って事でやっちゃいました~


 あわせたポイントはブロックとオイルパンの合わせ目のところを0度として、、、クランクプーリーに自前(ガムテープ)スケールでマーキング。あ、一応計算してね。
 2人いたら早いは正確だわで大助かりですっ

 結局終了したのが夜11時ちょい程…
 見事風邪ひいて第2戦まで寝込んだと。ちゃんちゃん。

 で、ですのよ。

 その後、レーシング(と謳う)クーラントに変えたのと同時に真0度調整。
 今に至る。

 そうそう、そのクーラントにしたら水温どうなるか。
 全開は残念ながらまだ出来ておりませんが、、、公の道(高速な方)の巡航で、、、なんと1度C下がります。複雑です(笑
 確かに効果はあるようで…


 そして時は進み、北海道I&Fの日。
 雨でクラブマン開催になったサプライズもありましたが恙無く1回だけ走って終了。

 ぅーむ、タイムとか以前にまだ全開で無い気がする…

 WETだったのでせっかくのイーグルインプレッションもお預け~


 で、翌日。


 快晴(怒

 だれだっ(?


 天気に文句いってもしょうが無いので帰るかと、、、そうだ!銀スタご夫妻とお昼ご飯ご一緒させていただくんだった!
 がしかし、ホテルは10時に叩き出されるので『パティスリーありがとう』真帯広店に行って時間を潰す事に。

 喫茶部分は11時からというのに微妙に30分ぐらいフライングしながらコーヒーをすすり、新作ケーキを堪能。むぅ相変わらずグッジョブです!

 (自分への)お土産に新作クッキーなんぞも買い、意気揚々と…

 まだ時間あるな~

 で、いつも入れてるガソリンスタンドまでブラブラドライブで移動。
 帯広市中心部近辺にいた方がいいかな~と戻ってる最中にお呼び出しで合流。

 なんか粋な蕎麦屋さんを紹介(?)していただき美味しくご馳走様。
 そしてさようなら帯広。



 で、終わらないファンタスティックウチの子ライフ。


 戻り移動中

ブ~~~ガクン、ブ~~~~~

 ?何?

 とここで、最近もう慣れた(笑)エンジンチェックランプ点灯

 OH!?

 またも長距離搬送依頼か?とも思われましたが、なんとかフェイルセーフモードで移動は可能なよう。
 でもアクセル開度にギクシャクするウチの子がみてらんないので、
「チェックすれといわれてする奴は俺です」的にお近くの711駐車場に停車、ボンネットオープン(怪

 常備となっているダイアグチェック用コード(自作)を取り出し手際よくチェック
 どこが痛いのかな~?
…ピカピカピカ…ピカ………
 ふむ。そうなの?

 さっぱりワカラン(笑

 ていっても「31」というコードはわかるので、シコッと主治医へホットライン。

「ダイアグコードの31てなんでしたっけー?」
「少々お待ち下さい、、、バキューム信号断線みたいです」

 そのまんまです。
 ただこれ、ECUのフェイルセーフで対応しているので何とかかんとか走り続ける事ができる症状。

 ですが気持悪いのでなおせるもんなら治したい。
「なんか対応策ありますかね?」
「…(考え中)…治るかどうかは別として試してもらいたい事があります」

 というのは、、、

・S-AFC切り離し
 ここにバキューム信号が経由しているので故障して信号がECUに届いていないんじゃ無いか疑惑


 助手席の足元に頭突っ込んでケーブルを引っ張り出す。
 2本の線のギボシをS-AFCから外し、接続、接、、、!?

 ギボシがオス&オス

「…あのー、これは不親切なんじゃ(笑」
「すみません…」

 さすがのウメちゃんもギボシ端子&圧着工具セットは持っていって無いので、さてどうしたものか

「…繋げばいいんですよね?」
「…はい繋がれば大丈夫です。なにか工具ありますか?」

 チョキ

 片方の線を端子根元で切って銅線むき出し、巻き付けてビニールテープ。
 電気的には問題ない!ハズ

 流れれば良いんだよ流れれば。

 ダテにLEDの点灯試験(笑)で遊んでない!


 両方切断して撚った方が上手く繋がるのですが、戻った後に修正(切った方にメスギボシをつけるだけでOK)する事を考えて片側だけ^^;


 なんの問題も無く再起動→安定
 うむぅ、冤罪かと思われたS-AFCもヤハリ故障していたようです。。。

 して、その後は無事に札幌に戻る。



 で、ですにょ。

 ウチの子はただいまメーター祭り開催中で、排気温&AF計も常備中。
 S-AFCをただ切り離したので、もしかしたら排気温が上がったり、空燃比が薄い側に振れるかとドキドキしましたが…

 特に異常なし!むしろスッキリして調子良いようにすら思える(笑

 効果が無かった訳じゃないんでしょうが、アイドリングも妙に穏やかですし、巡航等の数値も「?」てなぐらい変わってるんだか変わってないんだか…


 まとめますと(?)

『燃調コントローラーでの燃料増減よりも、点火タイミング調整の方が影響がかなり大きい』

 ということになります。
 以前の調整も、点火タイミングでの変化がそのほとんどを占め、一生懸命ダイヤル捻ってたあれはなんだった的な(笑

 まだ完全復活ではないものの、0.5mmオーバーサイズピストン、メタルガスケット0.8mm、エキマニ、マフラー、大径プーリー(ブーストアップ)と、何か薄くなってらっしゃるんじゃ?な感じでしたが、案外大丈夫みたい(笑

 巡航やアイドリング等の低負荷時はしっかりAF14.7~15.2辺りをウロウロして、加速時もAF11~13とまぁ良い感じ^^


 やるな純正制御(笑
※高負荷高回転はかなり濃いです。AF10ぐらい出ます


 そんな訳で本題(今から!?



 レーシングクーラントで水温が(-1度Cですが)、古いS-AFCあんまり意味無かったのはさておき点火タイミングで排気温・AF値が調整できるようになったので、残る懸念材料

 油温を何とかしたい!!

 を姑息な感じに進めておりました。
 姑息ですから、オイルクーラーなる高級品は導入していません。


 でわご覧下さい。
f0022755_21373245.jpg

 青〇のところを~

f0022755_2139149.jpg

 オラどうだ!
 緑〇の放熱フィンも付けたぞ~


 あれ?感動が薄いですね?
f0022755_21431136.jpg

 これでどうや!

 アンダーパネルの一部を切ってオイルパンに風が当りやすくしてみましたって感じや!
 なんか効きそうじゃない?ね?
 純正そのままだと前から覗いたらオイルパン見えないんだからっ

 ドレンからのオイル漏れもチェックしやすくなって一石二鳥や!!



 あとはそうね~
 ボンネットの開口部をつや消しブラックにしたら思いのほか良かったとか、グリルお色直ししましたよとか。


 がんばれウチの子、止まるなウチの子!
 いい加減ちゃんと走ってみろウチの子!!


 更なる発展(というか復帰)を求め21日~再び入院(笑
 そのお話はまたいつか。
[PR]
by umeboshi-no-ume | 2010-07-16 21:55 | 自動車関係
<< 姑息にウチの子3.1 姑息にウチの子2のつづき >>